So-net無料ブログ作成
検索選択

ママゴト 第6話 感想 涙・・・ [BSドラマ]

ママゴト 第6話 感想

あかん。涙が止まらん。。。

子どもは
結局、大人たちの身勝手な

行動で傷つくんやな。。。

純粋なぶん、よけいにな。。。

ひげのおじさんは、息子への愛情が
深い、というよりは

「器」の小さな男やな、ということじゃろ。。。

無農薬かなんかしらんが
あの施設、
色と欲と金にまみれとる。。。

気色の悪い・・・

てか、だいたい
タイジのママの部屋に忍び入るおじさん、

なんかへんな商売の店に入るみたいな
ゲスイ感じにしか見えず

不潔感いっぱい。

おじさん、マジむり。キモい。

まあつまり演技力がある、ということですが。。

子どもは敏感なんだよね。

子どもから笑顔が消えたら
すぐ原因をかんがえるべし。
大人は。

バスの中でアメを食べるくだりは
よかった。

タイジと少年の人格と生い立ちを
ぴたりと説明できている。

よくある長い説明とかいらんのよね。
「べっぴんさん」みたいな。

ウルトレンジャーの使い方といい、
小道具使いが

上手なお手本のような演出です。

アメを上手に小道具に使っていた
映画では「シルミド」があったな。。。

「ママゴト」は原作がいいのでしょうね。
車椅子の少年の心情も丁寧に描かれております。

どっちへ転んでもせつないという。。。

タイジと一緒に
エ―コママんところで

預かってもらうといいよね。。

スナック「アムール」周辺には、
おっさんいっぱいいるけれど、
色や欲がないからね。

ピュアな人情の中で
すくすく成長できると思う。

しげちゃんは、自立が急務ですね。

誰かのカネで幸せになろうとするから
ああいうひずみができちゃうわけです。

まあ、そういうオンナ、多いけどね。

いよいよドラマも終盤。

どういうまとめを
するのでしょうか。

「アムール」で
しげちゃんとエ―コが働き、

無農薬のおっさんは誇大広告で逮捕

施設は閉鎖。

少年はぺーちゃんところで暮らして
パパの出所を待つ。

小学校へ転入、
少年がいじめられるのを
ペーちゃんが守る。

ある日、また、しげちゃんは
新しい男とかけおち。

エ―コママとタイジの
生活がまたはじまる。

というようなベタな最終回を予測。
さて。

あまりにドラマをしっかり見過ぎているせいか、
外を歩いていても、

エ―コママの

「よるのオンナは、あさ食べん」
のセリフが、頭をぐるぐるする。










読者モデルオーディション★新人大募集!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ドラマライターズクラブは2017年よりコチラへ移転いたしました。 今後ともよろしくおねがいいたします。